人を幸せにする会社を作ることが最強の戦略。

  目指すのは「ハピネスカンパニー」をつくること・・・。

  創業まもない、ちょっと生意気で挑戦的で自由な社風をもった起業です。 創業間もないと書きましたが、実は四十年以上も起業を経験していました。 「ミルコートジャパン」は、生まれたての赤子のようで、よちよち歩きの段階で何事にも興味津々、手近なものを触って口に入れて確かめるそんな時期なのです。 このホームページは、現在ご好評をいただいている「特殊表面処理専門店・ミルコートジャパン」と現在、起業準備中の「小型自動生体検査機器」の「ミルコート・メディカルデザイン」があります。 また。新たに「セキュリティ部門」を開設いたしました、この部門は公官庁向けのノンリーサルウエポン(非致死性武器)の企画開発を行っています。ともに過去のエクスペリエンス(Experience)やノウレッジ(Knowledge)を生かした起業です。 目指すのは「ハピネスカンパニー」をつくること・・・。 難しいことではないですが、実はそう簡単ではありません。 昔から近江商人の「三方よし」という信条があります、「売り手も」「買い手も」「そして世間様も」喜んでくださる「モノ」や「サービス」。 実はそれを体現した欧米の企業があります 「お客様にWoW(ワオ!)という体験をしていただく」これをコアバリューにして急成長した会社です。  

勉強するうちに「人を幸せにする会社をつくることが最強の戦略」だと思うようになったのです。

  単にモノを買っていただく、サービスを受けていただく、効率こそが経営というのはミルコートには馴染めないのです。 いつの時代でも、人と人とのつがりは大切なものです。 お客様も社員も経営者もそして協力企業様も全ての人たちが「朝一番、やる気で目覚め」て「充足感でもって眠り」につける、そんな「ハピネスカンパニーをつくること」を願っております。   写真:京都市博物館